ANAのキャンペーン広告に中国の都市が入っていなかったね

ニュースサイトをみていたら、ANA のバナー広告が掲載されているのを見つけました。羽田発の格安航空券のキャンペーンの広告です。

ただちょっと驚いたことに、その中に、中国の都市が入っていませんでした。台湾とか香港などは含まれているのに、北京や上海が無いのです。

109

以前は積極的にアピールしていた

これって、以前では考えられないことですよね。以前だったら、必ず入っていたと思うのですが。やっぱり、中国本土への旅行って人気が無くなっているのでしょう。

以前は北京や上海を入れていた理由は、とても簡単です。羽田からだと料金が安いので、お得感のアピールに使いやすかったのです。ですから並び準としては、「ソウル」「上海」「北京」を上に持ってきて、価格の安さをアピールしていました。

マイナスイメージの方が大きいのでしょう

中国への観光客が減っていると言うのは、ニュースにもなっています。ですから、意図的に避けたと言うのが正解なのでしょうね。人気便で割引をする必要性すらなかったなんてことも無さそうですし。

まあ、確かに、今の中国には行きたくないですよね。日本にいたってPM2.5の被害があるのです。中国の都市に行ったらどんなに酷いのか、想像に難くありません。


中国旅行はどうだろう?

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。