フォルクスワーゲンの中国での販売が好調、他社も好調のようです

フォルクスワーゲンの中国での販売が好調なようです。2014年1~3月期の売上が、前年同期比で14.5%も伸びたのだといいます。1

フォルクスワーゲンといえば、中国国内でのシェアが非常に大きいメーカーです。そのメーカーの車の売上が2桁の伸びを示すって、相当凄いことだと考えて良さそうです。

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは4月11日、2014年第1四半期(1-3月)の中国新車販売の結果を公表した。傘下のアウディやシュコダなどを含めた総販売台数は、88万0700台以上。前年同期比は14.5%増と、2桁の伸びを示した。

ちなみに2013年は、フォルクスワーゲングループの車が中国で一番売れたようです。次いでGMのようですね。フォルクスワーゲンとGMは僅差で競っています。

フォルクスワーゲングループの2013年の中国販売実績は、初の300万台超えとなる327万台。前年比は16.2%増と、2桁の伸びを記録した。GMの316万台に11万台の差をつけ、9年ぶりの首位に立っている。

中国経済復調の兆しなのか?

それにしても、ここにきてフォルクスワーゲンが中国での売上を伸ばしたのは、中国の景気が回復しているということなのでしょうか。それとも、単に、フォルクスワーゲンの車だけが売れているのでしょうか。

別の記事を見ると、GM2 やアウディ3 など他社も売上を伸ばしてるようです。その意味では、経済全体が良くなっているのかもしれません。

  1. 第1四半期の VW グループ中国販売、14.5%増の88万台(レスポンス)2014年4月14日 []
  2. 3月の GM 中国新車販売、7.8%増の31万台超え…新記録(レスポンス)2014年04月07日 []
  3. 第1四半期の アウディ 中国販売、21.1%増 の12万台以上…過去最高(レスポンス)2014年04月07日 []

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。