2014年に即席麺が一番食べられたのは中国| 一人当たりだと?

世界ラーメン協会というところの調査によると、2013年に世界で一番即席麺が食べられたのは中国だと言うことです。正確に書くと、国別の消費量で第1位でした。1

まあ、そりゃそうだろうと言う感じですよね。人口やら経済力やら食文化やらを考え合わせると、他の国が一位だったほうが不自然です。

一人当たりの消費量は

それでは、一人当たりの消費量ではどうだったのでしょうか。第1位は韓国で、年平均で74.1回も食べられたそうです。およそ5日に1回はカップラーメンを食べている計算になります。

これって、かなり大きい数字ですよね。平均で5日に1回というのは、子供から老人まで含めての数字です。ということは、例えば若者世帯に限定すれば、更に高い頻度になると考えられるからです。

即席麺を食べるのが悪いとはいいません。でも、塩分が高い食品であるのは事実です。さすがにこの頻度だと、ちょっと心配になりますね。


  1. 昨年の即席麺の消費量、中国が首位462億食 1人当たりでは韓国が最多74食(FOCUS-ASIA.COM)2014年12月20日 []

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。