中国語を学習して中国旅行に行こう!

中国語を学習して中国旅行に行こう!ニュース

Google はわいせつサイトなの?

Google はわいせつサイト

サーチナによると、大手検索サイトであるGoogle と百度が取り締まりの対象として名前が挙げられたようです。
中国政府のインターネット違法・不良情報通報センターと言う所の取締りみたいですね。
低俗な内容掲載で取締りの対象になったと言う事のようです。

ちなみに、百度は中国でもっとも使われている検索サイトです。
最近は、日本版もでき、日本での利用者もそれなりにいるようです。

さて、記事からちょっと引用してみましょう。

同「センター」によると、大手の検索サイト「google」、「百度」は、ウェブ検索、画像検索でわいせつな内容を含む多くのサイトへのリンクが可能で、「百度」では、掲示板などに大量の低俗・色情を煽(あおる)画像が掲載されている。

なんだか、この記述を読むと、検索結果にアダルト関連のサイトが出てくるのが問題みたいですね。
最近、日本のGoogle ではアダルト関連のサイトを検索結果から外すように出来ます。
そういう機能が、うまく働かなかったのかしら?

そういえば、「検索結果として、ヌード画像を出す事があるから、検索エンジンはアダルトサイトではないか」という指摘をする人が日本でもいたような記憶があります。
日本の場合はどうなったのでしょうか?
何れにしても、何を持ってアダルトサイトと呼ぶかは難しい問題ですね。

厳しい刑罰も

さて、今回の取り締まりは厳しい罰則が伴うもののようです。

通告後も改善がみられない悪質なサイトの場合には◆実名公開◆処罰◆強制閉鎖――などの処置を行う

最悪、強制的に閉鎖させられてしまうのですね。
これは厳しいです。
こんな事されたら、今まで築き上げてきたものが一瞬にして崩れてしまいますからね。
中国政府の方針に従わざるを得ないでしょうね。


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください